“ポスト安倍”各陣営駆け引き 麻生派は菅氏を支持(2020年8月31日)

ANNnewsCH

安倍総理大臣の辞任表明を受け、「ポスト安倍」に向けた動きが本格化しています。31日に自民党内では出馬を巡ってどんな動きがあったのでしょうか。自民党本部前から報告です。

 (政治部・佐藤美妃記者報告)
 ポスト安倍を巡る闘いは今まさに最初のヤマ場を迎えていて、岸田政調会長と石破元幹事長は出馬に向けた準備を加速化させています。まず、岸田政調会長は自身初となる著書を出版するとして記者会見を行い、「岸田内閣」の政権構想を示したほか、安倍総理や党内の重鎮らとの面会を重なるなど精力的に動いています。一方、石破元幹事長も自身の派閥の会合で戦略を練ったほか、選挙戦で使う政策パンフレットの作成も始めました。また、会見では「多くの方々の思いを裏切るようなことがあってはならない」と総裁選への強い意欲を語りました。
 (Q.キーマンとして名前が浮上している菅官房長官は立候補に向けたどんな動きが見られるか?)
 31日午後、党内第2派閥の麻生派が菅長官を支持する方針を固めました。これに伴い、河野防衛大臣は出馬を見送ったことが分かりました。菅長官自身は党幹部や重鎮と会談を重ねるなど、ここに来て動きが活発化しています。さらに、周辺でも同期の議員や菅長官を支持する若手グループが出馬の要請に訪れました。来月1日午前11時からの総務会が終わった後には出馬を表明する方針ですが、二階派に加えて麻生派の支持も取り付けたことで早くも菅長官が最有力候補となりつつあります。しかし、まだ態度が固まっていない派閥もあり、1日の総務会まで各陣営の駆け引きは激しくなっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi